不動産の売却で困った事

希望価格では中々売れず予定より安い価格で妥協

最後の方はもう考える事の方が面倒になったという事と、売却できるだけましかもというような事も考えてしまったので、こちらの方が根負けしたというような感じもありました。
不動産会社の販売力に疑問を持つような事もあったのですが、こればかりは証明のしようもありませんから、自分達で販売網を持っていない悲しさでどうしようもありません。
やはり、不動産を売るというのは自分達のような素人にも難しいという事が分かったのです。
特に難しいのが妥協点の見つけ方で、値段がある程度高額なので、どうしても自分達は高く売りたいという感情の方が先に立つことをこらえられません。
また、自分達の物件をそんなに安く見られているという事にも腹が立つという感情的なところも入ってくるので、どうしても冷静になる事が出来ないという事にもなっていたのです。
お客さんが来て腹を立てているわけですから、それて交渉がまとまるはずはありません。
ビジネスでは当たり前ことではあるのですが、それが堪えられないのが素人の情けない所という事もかんじました。
やはり、素人は商談の交渉の場には出ない方が良いという事は感じていて、最後の方は全てを依頼した会社に任せるという事にしていましたから、それが結果的には良かったのかもしれません。

不動産を売却したが難しかった希望価格では中々売れず予定より安い価格で妥協  ¦ 不動産を売却することができました売却の商談はプロに任せた方が良い